トップページ >  ネイルの知識 >  ジェルネイルの種類

ジェルネイルの種類

現在年齢を問わず、女性に大人気のジェルネイル。 ジェルネイルにも種類があり、用途や仕上がりによって使い分けると良いでしょう。 ここでは、ジェルネイルの種類を詳しく見ていきましょう。

ジェルネイルとは、アクリル樹脂のジェルを爪にのせ、体に無害の赤外線ライトで固めるネイルのことです。 持ちが良く、気軽に楽しめるのが嬉しいですね。 そのジェルネイルは二つの種類に分けられます。

ソフトジェル

下地のプライマーの必要はなし。 爪を傷つける必要のない、柔らかめのテクスチャーのジェルです。そのため、自爪への負担が大変少なくて済みます。

ハードジェルのように長さを出すには不適当。カルジェルや一部のバイオなどでは、数ミリ程度なら可能です。 トップコートの必要もなく、柔軟性もあります。 また、アセトン系のリムーバーで溶かして落とすことが出来るため、爪にやさしいです。 これが、ソフトジェルが一般に広まった最大の理由だと思われます。 透過性もあり、きちんとケアすればカビも心配も少なくてすみます。

メーカーはソークオフジェル、ジェラッカー、シャイニージェル、イージーテイクオフジェルなどがあります。

ハードジェル

今まで一般的に使用されてきたジェルネイル。 固めのジェルのため、長さを出すときに便利。 爪の表面をサンディングし、傷つけてジェルの定着を良くして使用します。 また下地としてのプライマーは必要。トップコートの必要はなし。 リムーバーで落とすことができないので、爪を削って落とさなければならず、少なからず爪に負担をかけます。 水などを通さず、透過性はとても少ないため、隙間が出来るとカビの原因にもなりますから、技術が必要です。

また、チップの上にかぶせてジェルをのせるオーバーレイなどの時にもハードジェルを使用します。 ただし、柔軟性がないため折れやすいという特徴があります。

メーカーはibd、NFSやクリストリオ、ブラッシュオンなどがあります。

グランジェ
おしゃれ女子が選んでいるのはグランジェ
ジェリーネイル
これだけのセットがアンダー1万円。
ロッソ
充実したキットの内容が評価されて3位!
グルービーネイル
ネイルサロンのプロ御用達ブランド。