トップページ >  ネイルの知識 >  ネイルの種類

ネイルの種類

女性ならば指先のおしゃれを楽しみたいですよね。 一昔前ならば家事をする人には向いてない、などと言われていましたが、最近では丈夫で長持ち そして清潔感のあるネイルがたくさんあります。 短い爪にも似合う色柄にすれば、子育て中のお母さんでも赤ちゃんを傷つける心配がないので、安心して楽しむことができます。

ネイルにはさまざまな種類があります。 まずはカラーリング。これは通常の自爪にネイルポリッシュでカラーリングすること。 ベースコートとマニキュア、そしてトップコートで仕上げます。

次にカルジェル。次世代ジェルネイルとも言われている技術で、自爪にやさしいジェルネイルです。 ジェル状の合成樹脂をライトで固めるのは通常のジェルネイルと同じなのですが、ジェルネイルのように爪を削る必要がなく、 専用のリムーバーで落とすことができ、低刺激なことが特徴です。

ここではカラーリングとカルジェル以外、現在一般的に人気のある二つのネイルについて見ていきましょう。

ジェルネイル

体に無害な紫外線で固まるアクリル樹脂を使って作る人工爪のことです。 最近では大変一般的になってきました。 ぷっくりとしたツヤツヤとした爪が特徴。 ホームネイルでも比較的簡単に仕上げることができ、価格もお手頃が嬉しいですね。

しかし、強度はあまりありません。水にも弱く、スカルプチュアに比べると持ちは悪いと思います。 また長さを出すのは限度があり、折れやすいところが欠点です。

スカルプチュア

ネイルで言うところのスカルプチュアとは、爪の長さを出す技術のことです。 ジェルもジェルスカルプと言いますし、形を作るという意味のスカルプで使われます。 しかし、一般的なスカルプチュアとはアクリルで爪の長さを伸ばすことです。 自爪をやすりで削り、アクリルリキッドとアクリルパウダーを混ぜて人工爪を作ります。 スカルプは強度があり、長さも自由自在。好きな形を作ることができます。 アクリルの場合はアセトン系のリムーバーでも除去も可能なため、自分で除去することも可能。

しかし、スカルプは技術が必要。訓練された技能者でなければ大変難しいと思います。 また材料費やサロンでの技術料も高く、自爪への影響も大きいのが欠点です。

グランジェ
おしゃれ女子が選んでいるのはグランジェ
ジェリーネイル
これだけのセットがアンダー1万円。
ロッソ
充実したキットの内容が評価されて3位!
グルービーネイル
ネイルサロンのプロ御用達ブランド。